ボタン
飾り
明日、高知行こうぜ
飾り
2021.11.4
にこ淵

どうも、お久しぶりです。アンドデザインのGUCHIです。

先日、制作がないOFFの日がぽっかりできまして、コロナが落ち着いたこともあり、ITSUMIにちょっと外の空気吸いに行こうぜとお誘いしました。

「北海道いこか?」とITSUMI

しかし、前日ということも有り日帰りで戻れる航空券が高く、、、断念。

アンドデザインとしてそんな金はない。それなら新しいフォントがほしい。

しかし、せっかくの1日OFF。有効につかいたいところです。が、金はない。

私は年中いろいろなものから逃げだしたいので、是が非でも遠くへ行きたい。

車で遠くに行こう。と私のわがままを押し通し、行けるであろうギリギリの高知に行くことにしました。

三重県から日帰りで行けるのか、、?

出発

「じゃ、明日4時半出発」と予定を決めます

しかし我々2人はせっかちの極み&起きれなかったらどうしようという肝っ玉の小ささから

目が冷めたのが朝三時。連絡をとるとITSUMIも起きていたのでいざ出発。

暗い。

今回の旅行でしたいことは

  • ・香川でうどんをたべる
  • ・高知県で「にこ淵」を見る
  • ・高知県でカツオを食べる。
  • ・四万十川の沈下橋がみてみたい。
  • ・できれば愛媛の道後温泉もいってみたい。

考えただけで楽しい(私は)

どれくらい達成できるかな。

はい。出発時は雨です。

雨の明石海峡大橋

アンドデザインの仕事の日はだいたい晴れるのですが、、、、

こういった出かける日はだいたい雨。僕のせいではありません。雪おんな、いや醜い争いはやめておきましょう。

出発時間が早かったこともあり道が空いていて、順調に明石海峡大橋に到着しました。

橋

なかなかの迫力ですが、暗い、寒い、雨!!となかなかの仕打ちでした。

とりあえず朝ごはんを食べようと第一の目的地「うどん」へ向かいます

よしや

今回お邪魔したのは「よしや」さん。シンプルな出汁に豚肉がベストマッチ。

うどん

ベスト・オブザ・ベスト朝ごはん。

うどん

美味しかった。というか香川の方朝早くない?まだ8時半ななのに駐車場が満車で係員がでている店舗を3箇所も見ました。

根暗な私には考えられないことですが、ITSUMIといるとひたすら人に話しかけられます。

駐車場の係員の方に始まり、レジの方、お店の方。

なんでもない話なんですが、ほぼ全員に話しかけられます。

なんででしょうか。

話しかけないと罰ゲームでもあるのでしょうか?

オーラかなにか出ているのでしょうか。

お店の方に話しかけて頂いたので、ローカルで美味しいものはないかと聞いてみたところ、

休みの日に必ず行く白い小さなお餅を売る店があるとのこと

「、、、あーでも、売り切れてるかもしれんなー」と店員の方。

正気か?その時まだ午前9時。三重なら店も空いてない時間です。

そんな餅ならぜひ食べてみたい!!と急いでお店へ

、、、、はい売切でした。たべたかったな餅

店の名前は、、、忘れました。すんません

気を取り直して「にこ淵」へ。

四国の山

ドライブ中よく思ったのですが

四国の山はとても可愛いです。丸くてポコっとしてて、平原にいきなり現れます。

全部が全部そうではないんですが、結構たくさんポコポコ緩やかな山をみることができます。

なぜでしょうか?

ここらへんで雨はやみました。

よし、運が向いてきた。

到着したにこ淵の駐車場で係員のおじさんに話しかけられていたので

昨日雨ふってましたけど今日はきれいに見えますか?と聞いてみました。

うんきれいだよとおじさん。

まぁ、日がさすととてもきれいなんだけど、今日はダメそうだね。

、、、残念です。僕のせいではありません

にこ淵

気をとりなおして滝のあるエリアへ向かいます。

結構急な階段。そして滑る。

にこ淵
にこ淵

おおおおーーーきれいです。

日がさしていなくてもにこ淵は綺麗でした。

そして次の目的地「カツオ」へ

高知市の中心地にあるヒロメ市場に向かいます。

ひろめ市場

到着は午後2時前。思ったより山道で時間をとられました

ひろめ市場

藁焼きカツオのたたき、、、初めて食べましたが

優勝です。塩で食べるたたき最高でした。

カツオの藁焼き
カツオのたたき
カツオのたたき

あと文旦ジュースなるものが信じられないくらいおいしかったです。飲んだことない方で高知に行かれる方はぜひ

高知朝市

日曜だからか朝市みたいな出店もあり楽しめましたよ。

そして驚いたのが商店街の活気。

高知商店街

しまっている店舗はもちろんなく、お店も寂れていませんでした。いい雰囲気

ここで時間が15時半となっていたので帰り道も考え帰路につくことにしました。

今回の旅、大部分の時間がドライブ。作業しているときにはなかなか話せないアンドデザインをどうしていきたいかや、考えていることなどお互い話せたのが一番の収穫だった気もします。

遠くに逃げるのは最高です。皆さんも試してみてください。

長過ぎる運転にお互いぐったり。

もうこんな旅には付き合ってもらえないやもしれませんが、しつこく誘ってみる事とします。

それではまた。