ボタン
飾り
アンドリュー・ワイエス展 @岐阜県現代陶芸美術館
飾り
2021.4.6
アンドリューワイエス展

こんにちは!

ISUMIの誕生日プレゼントはただの嫌がらせ、GUCHIです。

いやーすごかった。マイワースト誕生日プレゼント。なにかって?

先日私が一時停止違反で警察捕まったのですが、それを喜び一時停止のマークが書かれている本をプレゼントされました。信じられます?笑

パートナーは鬼女 ITSUMIです。

話が若干それましたが、先日友人がイオリンピアという筋肉の大会に出場し、セラミックパークMINOに応援へ行ってきました。

そこで友人が出場していない時間帯を狙い、併設している岐阜現代陶芸美術館で気になっていた

アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展

を見にいってきました。

アンドデザインの勉強になるからとISUMIを誘ったのですが、、彼女は裸の筋肉男子にヨダレを垂らしていたのであきらめました。

アンドデザインの未来は暗いやもしれません。

オルソンハウス模型

アンドリュー・ワイエスはアメリカの画家でニューヨーク近代美術館に所蔵されている『クリスティーナの世界』が有名です。

こちらの展覧会にあった作品は水彩画が多く、『クリスティーナの世界』の習作も展示されておりました。

展覧会では撮影することができなかったため、絵の雰囲気はこちらで見てみてください。

作品は風景画や風俗画のような日々の生活を切り取った絵画が多いのですが、

物を切り取ったような絵ではなく、情緒も含めた彼の記憶を切り取ったように感じる絵でした。素朴なのにパワフル、素朴だからパワフルなのか、、、

他にも日本の現代アーティストの展示もあり、個人的に気に入ったのがこちらのふにゃこ4号の展示

見せ方が素敵で撮影しがいがありました。

ふにゃこ4号

どんな感情かはわかりませんが、感情がなんらか動くものであれば価値あるものなんだろうなと感じた次第です。

お土産ブース

グッズショップも北欧グッズなどが並び可愛かったです。

筋肉よりこっちのほうが楽しかった。笑

最近はコロナの影響もあり展覧会が少ないので、落ち着いたらいろんな展覧会に行きたいですね。

それではまた!