ボタン
飾り
羽島にロシア
2021.3.26

ずいぶんとお久しぶりになってしまいました。
というのもですね、GUCHIの誕生日プレゼント探しの旅に出てたんです。

いやー、彼のために1時間も時間を費やすとは。

ITSUMIです。誕生日プレゼントについては彼に聞いてください。


先日、コストコ羽島倉庫店にお買い物に行ったのですが、あまりの人の多さに「よし!予定変更だ!」とグーグルで面白そうなお店を検索して、ロシアン雑貨のお店を発見。

ドライブしがてらお邪魔してきました。

可愛いマトリョーシカの看板がお出迎え。
入口のかわいい黄色いドアを見て、自分の家の玄関のドアを明るい色に塗り替えたくなりました。


お店の入り口には、ずらりとマトリョーシカが飾られていて圧巻の景観。

マトリョーシカのすべてに作家さんの名前とどこの国からやってきたのかが
記載されていてとっても夢があります。

上に貼ってあるチェキ写真が作家さんたちのお顔。
素敵ですね。マトリョーシカへの愛を感じます。
色々な絵のテイストがあります
とっても小さなマトリョーシカはどこかで見たことある絵本モチーフのものも


首を傾げたようなお嬢さんたちや、音楽を鳴らすマダム。

新しいものばかりではなくて、ヴィンテージマトリョーシカや、お人形もありました。

かわいいうさぎさん。娘は怖がってました。
なかなかお目にかかれないような可愛いコーヒー


「ご主人がロシアの方なのですか?」としょうもない先入観でも質問をしたところ、「いいえ、マトリョーシカのかわいさにハマって、そこからはヨーロッパの【カワイイ】の沼にハマって…笑」と優しく答えてくれるオーナー様。

「東欧のどこか、オシャレになりきれない可愛さって素晴らしいですよね」とちょっぴりお話が盛り上がって長居してしまいました。

SDGsに取り組んだ美容アイテムや、地産地消の大切さが描いてある小さな冊子…
たくさんの雑貨の中にさりげなく置いてあるエシカルアイテムがオーナー様の素敵な想いを感じさせてくれるお店でした。


娘と一緒に選んだマトリョーシカ、早速家に飾りました。

もうひとつ小さなサイズがあるのですが
動物の誤飲予防に4つだけ出しました。


なんて可愛いの!
ベラルーシの職人が作ったマトリョーシカ。

私が学生の頃は雑貨屋さんって結構あってあちこち行っていました。

大型スーパーが増えて量産系雑貨屋さんが増えたころ雑貨屋さんに飽きてしまい、調べたことすらなかったのですが露店で頑張っている雑貨屋さん、可愛いアイテムが置いてありそうなお店、結構あるんだなぁ。と新しい発見。

また雑貨の沼にハマりそうです。

今度はどこの雑貨屋さんに行こうかなぁ。

では、また。